西の庭に実る痩せた枇杷の うすい果肉を採ることもなく 私の人生も乾いている 掌にのせればごろごろとした種ばかりだ

すみさちこ詩集





■収録作品

下界の桜
聖橋
くちづけ
その閾
八重桜
かなりあ
春の鳶
桜闇
けれども
ぴらぴら
照準
腐葉土
薄着
舟
十三、七つ
サンビーム
幼虫
白珠
秋
果実の授業
捨てる
ジオジオ
ちょうど
想詩譜

*すみさちこ
詩集
『日を見つめる時間』
『イソップばなし』
『透きてくずれず』横浜詩人会賞
『卵料理』ほか
日本現代詩人会会員

●2014年6月刊/ソフトカバー 24編 75頁 1400円+税  WANI PRODUCTION


■お問い合わせ、ご注文はワニ・プロダクションへ●MAIL                               ■現代詩人賞受賞・甲田四郎『送信』●送信PR