兇器の生成
目 次

次頁 前頁
 兇器の生成




 そのとき曲線は陥穿そのものの連続的な運動である。
 それは、自らをおとしめることによってわれらの前に現れ、われ
らのすべての直視と、直視されるすべての〈もの〉とを妨害してき
た。われらはなにものをも凝視しえない。あらゆる〈もの〉は絶え
ずわれらの眼前から逃れ去る。
 しかし、兇器・物Lの空間的限界を確認する困難さは、その運動
の自閉症的な性格のゆえではなく、むしろ、積極的とさえいえる流
亡性にある。兇器・物Lは、たんなる道具から転落すると同時に、
感性あるいは倫理性の具現として、独自の《手》を獲得するのだ。
だからいかに流亡とはいえ、孤立することはなく、物Lは、物もで
ない〈もの〉につねに癒着している。
 こうして物Lは、陥穿群のうちに弧をえがき、たとえば物M、た
とえば《納屋》のごとく現象する。
 それは因習の納屋だ。物Lは、この病原体に紛れこみ、兇器とし
て培われ洗練される。そしてやがて風媒花のように流れ飛び、選ば
れた者の頭部へふりおろされる