●この日録の任意の場所で右クリックすると、日録のメニューを表示します。

 

日録memo 09年6月1日〜10月31日

 

●メモ=文章にあらず。

●本文内の画像はクリックで拡大。もとの画面へはBackSpaceキーまたはブラウザの→(戻る)で。

Zooomrにアップした写真のFave。


2009

 


10  


10/31役所から許可が下りて来週より排水設備の工事。大徳町の竜巻被害で大工多忙。屋根以外の工事を進めてもらうが、風呂あとまわしのついでにボイラーと給湯設備について再検討。外壁について。


10/30業者K、屋根面積1割過大。床ほかの見積り依頼。水槽、本箱1移動。樹脂。東京キューバンボーイズ、ザビア・クガート、熊倉一雄。


10/29利根川利根町。机(ワープロ、プリンター)、洋箪笥移動。樹脂。南こうせつ「思い出にしてしまえるさ」岡本おさみ作詞。


10/28樹脂。


10/27金属類ごみ処分。午前、ツマグロヒョウモンの交尾撮影。交尾したまま、足をからませ上下に抱き合って飛ぶ…一個の三角形もしくは一個の三角形の下に鏡像のようにオス。60枚ほど撮るも同時に羽を大きく開くさまはついに撮れず。


10/26業者Kに説明を求める電話、水曜までに回答。コギク開花。『樹林』「砧さんの部分」


10/25■☆Gold ripples and silver wind=23日の写真 外水回りにコンクリートが打たれている…赤土に埋まっていたため気がつかず(形状はあいまい)。詩作品の発見に関するいざこざ、メディア(出版)の態様を理解しない被害者?の非現実的な要求。


10/24■☆Tyrolean lamp=18日の写真。業者K見積り届く。庭の草取り。


10/23旧小貝アサザ。利根川利根町、雲が多い日没とボラの跳躍、少々ねばった甲斐あり。ごみ処分のための流し台鉄部の解体。屋根にかかる木伐採。庭にジャコウの幼虫1。


10/22古着等の処分。庭草取り。


10/21夕、一高。


10/20成田坂田ケ池。古墳、埴輪。ウキツリボク。


10/19牛久沼、別荘地。


10/18千葉県教育会館、往路40km、帰路66km。ミニトマトのシモフリスズメガの幼虫(害)。「ごちそうは熊ン蜂」YouTubeUP1年再生回数1600超。龍ケ崎転居15年目に入る。早朝、二高、城下ウキツリボクの花=4日後に種名判明。


10/17キアゲハ6匹サナギ化始まる。牛島のとんかつ。弟に同窓会案内のはがき。


10/16けさの収穫ミニトマト700g。ディスク・クリーンアップ。風呂場、台所ガラス窓4枚洗う。羽原メナモミ、イトトンボ。Station50に参加(10級より)


10/15午前電話保安気修理。羽原メナモミ。一ヶ月ぶりのFlag of the fire 風呂場などのガラス窓4枚洗う。ジャコウ秋のサナギ化ほぼ終了約23。


10/14業者K屋根見積り1週間。センニンソウの実。電話の保安器修理についてNTTに電話、「KDDIに連絡せよ。KDDIからNTTへ話がくる」。KDDIに電話「NTTに連絡せよ」「そんなことでは困る」、KDDI「専門の窓口に電話をつなぎます」保安器の状態などあれこれ説明して決着。


10/13ネット接続トラブル。向かいのアパートのくみ上げポンプ、モーターが朝から切れ目ない音、家主へ電話。30〜40分後クルマできて<日立>へ連絡、11時過ぎサービスカー、家主「なおった」と挨拶にくる。本、整理。「うちは2対3。親の数より子どもの数…」小松亮太、タンゴ、バンドネオン奏者。利根町利根川の夕陽。隣家ごみの山整理始める。


10/12インターネット接続トラブル、<接続は正常>と出ながら。赤土運びほぼ終了。風呂場カビ落とし。バッタ幼虫。コカマキリ。カマキリが目につく。金星では何万年も雨が降りつづけている…ブラッドベリ「刺青の男」。  


10/11インターネット接続トラブル。風呂場カビ落とし。弓田弓子『灰色の犬』、野坂昭如『ぼくの余罪』。あらびき胡椒とあらびき黒胡椒。


10/10インターネット接続トラブル。赤土運び。かなづちの柄。ハマギクにアヅチグモ。キアゲハ幼虫6。


10/09旧小貝川アサザ。ハマギクに久しぶりのアヅチグモ、他名不明幼体。龍一高事務が「丘の伐採は11月」と伝えに来る。裏の赤土運び。ことしは赤とんぼが多い。ノーベル文学賞、ドイツ女性作家ヘルタ・ミュラー、「狙われたキツネ」など。授賞理由「疎外された人々の心象風景を、詩的な凝縮と、散文的な率直さで描いた」スウェーデン・アカデミー。


10/08レジン。台風。大徳町竜巻被害。旧小貝川のアサザ。ナツアカネ。


10/07レジン。業者K屋根葺き替え見積り。詩集B50余冊処分。


10/06水洗改造補助金申請書提出。台所用金属棚再取り付け。


10/05水洗改造補助金申請書。アシタバにキアゲハ幼虫7匹。クサカゲロウのタマゴと幼虫。夏撮影の成虫はクサカゲロウの仲間? 風呂場整理たたき壁清掃。古い原稿数百枚破棄。


10/04夕刻、さえぎるものもない田んぼの真ん中で車の衝突事故=川原代。一時停止の標識根こそぎにしてミニバン田んぼに突っ込む。怪我はたいしたことなかったらしい。稲刈りあとの田んぼでガラスの破片を拾う3人。警察車両2台。ただ突っ立っているだけなのに挨拶もろくにできない県警(竜ケ崎署)警官。苗、イチゴ・タマネギ・ワケギ。流し台すのこ。MACALLAN12届く。


10/039時前までに2時間半近くかけて廃材(解体した流し台・戸棚=郵政省刻印入り、椿の幹など)整理、廃棄。「いつもきれいにしていますね」と通りがかりの人に声をかけられてもな。うら丘に鳶あるいは。排水設備確認書、地主の許可など、完了。あわせ白味噌。電車内で携帯を使う老人へ身ぶりで注意した小学生女児、謝る老人。


10/02台所は床の張替えを待つだけ。箪笥移動。雨で木屑など整理できず。雨どいの落ち葉排除。「砧さんの部分」


10/01屋根の断熱について尋ねるが、不可解。流し台蛇口の移動。塩ビの貼り付け、ペンキ塗り。蛇沼、水位低くなる。


10


9  


9/30流し台、コンロ台到着、設置。廃棄分解体(十数年にして流し台の引出しに初めて気づく。しゃもじ、菜箸など)


9/29台所のペンキ塗り。ドア一枚修理塗装。『刺青の男』


9/28ブロッコリー、はくさい、レタス苗。町業者見積り、屋根、床、電気工事など。屋根の断熱について。勝手口のドアについて。


9/27早朝高須橋ウマノスズクサ、幼虫あり。押入れひとつ空にする。茶箪笥、冷蔵庫移動、ペンキ塗り。阿見業者屋根と外壁の見積り持ってくる。頻繁な電話遠慮してもらう。


9/26連日早朝外出。弟某国家試験合格して転職、身元保証人。キジバト新顔2羽くるようになる、一羽警戒心強。のど痛み。


9/25ガラス障子洗う、柱との間の隙間、一方の戸車に厚さ5〜6ミリの木の駒をはさんで調整。高須橋。ミニトマト600グラム。玄関ドアについて連絡なし。見本詩集届く。KDDIメールの設定変更。出会い系が<山田>宛へ<田中>宛として送信することを黙認する下劣な通信産業。


9/24押入れの整理、台所のペンキ塗り少し。早朝、もみがら焼き。水上勉『現代民話』


9/23敷居の漂白。丘の木の伐採は冬に入ってかららしい。


9/22台所油汚れ落とし塗装少し。庭の雑草の中にまさかのかぼちゃ一個<発見>750グラム、さっそく記念撮影、そとづらは薄汚れた肌色だが中身は!!! 敷居の漂白。


9/21流し台、コンロ台新調配送待ち。ペンキ、刷毛。塗装のための台所の板壁の清掃。右くるぶし付近の腫れ。冷凍食品いつものように半額のつもりで買ってしくじり。門藤(バイオリン、サックス) オルタナティヴ・ミュージック、ECD「職質やめて」。相対性理論「地獄教師」。土佐有明。


9/20間仕切りについて。龍ケ崎市役所地下のコーヒー店。


9/19流し台とコンロ台下調べ。通りかかった女性店員の話「配送代もバカにならないから」カウンターで訊くと1700ほど。同店員の話の流れで、流し台の据付は素人でもできることがわかる。押入れ整理。森川慶一『反・上方』創刊号、沖浦京子。通風の気。詩誌『2W鼻拗汁曄


9/18午前、東電15Aを20Aに(1年契約)。基本料金+140。屋根屋。


9/17新規のトイレ、台所の床、オーディオ機器を据える木の床部分の修理などについて。引っ越してきたばかりのとき部屋の壁の上塗りを自分でやった話をすると、不要のドアを壁に変えることで「下地はやるから、上塗りを自分ですればいい」と大工が勧める。台所は根太がしっかりしているとのこと。大工が室内で作業できるよう整理しておくこと。東電へ電話、アンペアの変更依頼。朗読テープ2本郵送。


9/16中古でもいいんだがというと、新品しか扱っていないのだそうだ。業者は「鍵屋なら」とつけくわえた。そうか、鍵屋という商売があって、ドアを扱っているのはこちらなんだ。「新調すると高いからね」「そうですねえ」業者の男は若いが客にきっちり相槌を打つ。けちな客だなどという思いを心のどこにも宿らせない。声音にかげりがない。玄関のドアは古すぎて、交換したい戸車があるかどうか怪しいらしい。来週早々には連絡するといって帰っていった。部屋整理、書棚移動…体調よく。アシタバにキアゲハが産卵する。アシタバには複数の種類のハエトリグモがひそんでいて、おそらく次々と卵を喰らっている。他種のクモもみえる。ジャコウ、サナギ化つづく。


9/15■☆20Light of the winter, walk slowly 2 Jako#15 BGM入れ。詩集の帯3行<こと>3個つづく。いわく<生きることは/見たことのある光景に/息をのんで出くわすことだ>???


9/14VictorMDコンポ購入、Kデンキ。BGM入れ。本棚移動。


9/13午前阿見業者。BGM入れ。駐車場にツルボの花。


9/12BGM入れ。映画「石井のお父さん…」往路雨40分、帰路曇り35分。福木茶、湯のみなど。作品使用許諾。


9/11BGM入れ。WC設置測量。大工の紹介。


9/10吹込み。生うにほか。


9/09鰐組アクセス数最低。S工務店見積り、追加工事申し込み。駐車場にウマノスズクサ数株。赤い花の…オオバコ。


9/08アオスジアゲハ、サナギ化。阿見業者から電話8時半。佐貫トステム、見積書。BGMフリーのサウンド。庭草取り。丘の木の視察(竜一高)あり。手羽元の中華煮、薄味。


9/07アオスジアゲハ、サナギ化。庭草取り。ホトトギス咲き始める。ルリタテハの幼虫、近辺に無し。


9/06梅、スモモ剪定。相澤等詩集。


9/05佐藤泰志「裸者の夏」群像1989.5 ジャコウサナギ化。


9/04けさの収穫ミニトマト400グラム、ピーマン4個220グラム。竜一高へ屋根にかぶさる木の伐採を申し入れ。新聞投書欄の母子、ウルトラマンゾフィー。自動販売機のまえで、「ひゃー、よかったじゃないの。よかったねえ、○○ちゃん。よかったー」


9/037時25分庭にナガサキアゲハ。MegaZineの画像にファイル名を表示させない方法。


9/02けさの収穫ミニトマト500グラム。見積書の不可解、頼んでもいない部屋の畳8枚96,000円! 不要なガスコンロ80,000円! 計算の間違い(重複)もあり!


9/01Harbinger in autumn


9 

Harbinger in autumn


8


8/31予定、壁の塗替え、ふすまの新調。


8/30選挙。朝からPDFファイル作成の試み=test 夜になってページ建て=test2


8/29S建材店に風呂の相談、浴室改造せず据置型浴槽120センチ、ボイラー継続使用可。破竹川×新利根川


8/28豊田堰→。朝、城下花畑。ふうせんかずら。YouTube「熊ン蜂」再生1200回超。およそ120/月。


8/27青山作品。Gパン。夕、城下花畑。ふうせんかずら。


8/26牛久沼。ジャコウ幼虫屍、暑気・環境との関係。この時期のサナギ可はすべて越冬組?


8/25 ジャコウアゲハのサナギ化▼岡堰。


8/24朝8時16分クロアゲハ♀羽化、開張122ミリ。動画撮影。佐貫業者見積り月丸→月天。Magnifying glass of byasa alcinous


8/23ジャコウ羽化20匹目はサナギから半身を出して以後動けず(羽化失敗)写真と動画 裏出入り口ドア間に合わせの修理。経済人小倉優子。


8/22網戸の向こうをジャコウ、網戸をあけると部屋へ。


8/21<我々の同人誌は、x氏、y氏、Z氏など著名詩人からも支持をいただいている硬派で内実のある雑誌です。>花も実もある硬派ならそんなことは言わないだろう。∪直年などで、好んで腕力を振るう一派(広辞苑)…表紙裏にそれらしい姿勢が明らかにされていて、硬派の意味はこちらか。少なくとも冒頭の同人作品は幼く腕力どころではなさそう。


8/20<テフロンコーティングの表面は、油も水も弾き、工業的操作で用いられるほとんどの溶液によって濡れることがない>関西技研。非濡性。ユニクロ→しまむらジーンズ。


8/19牛久沼。スケバハゴロモ。ジャコウの客あり。玄関の暖簾をカーテンに替える。キュウリはそろそろ終わりらしい。椿一本抜く。トンボ(クルマ)がトンボ(ナツアカネ)を喰らう…もっと慎重に撮影すべきだった。庭に黒い蛇。モグラ活発。


8/18バイク錆び落としほか。家見積り。改造断念。BGM用DL。岡堰、トランペット。ジャコウの客あり。


8/17客ジャコウ一匹。チョウはもともと視力が頼りない。バイク錆び落とし、チェーン注油。


8/16映画『禅』観る。中村勘太郎。音楽宇崎竜童。クレジットに<雨ふらし>スタッフ5名ほどの名。雨は映画の最後、台詞とともに重要な意味を持つ。午前中水槽洗い。午前♂羽化


8/15ジャコウ午前4時46分♂娃坑献潺蝓■源06分♂隠坑殴潺蝓8時08分♀横隠娃献潺蟇化。サナギ湿潤、色など羽化までの時間を知る目安にならず。動画はこちら 閉じるで戻ります。筑波山。オニヤンマ。


8/14ジャコウ午前2時55分までに♂、5時41分♀羽化。羽化直前サナギ湿潤=羽化までの時間を知る目安になるか。


8/13ジャコウ午前5時03分♂、1分30秒ほど遅れて♂羽化開始、動画撮影。開張105ミリ。ともに8時半早い出立。4時半セッティング終了、待機。10時40分までに♂羽化106ミリ飼育箱天板(網)。樹林09−8橘雪子・短篇「動き出す鉛筆の先」。


8/12ジャコウ午前5時30分までに羽化♂開張110ミリ脚5本、下翅異常、双方攣り(絞り)状、右の下翅突起伸びきらず。6時35分♀羽化サナギから大きく開張約120ミリ(これまでの最大)。午前1時半から待機、撮影をあきらめたのち羽化。板橋ヒグラシ。鳴きながらの樹皮面の移動なめらか、横移動、後ずさりも。時間をかけて撮影していたヒグラシが樹を離れて左肩へ突進してきた。カメラのオートフォーカスでの発光に反応?


8/11クロアゲハ、サナギ化(午前4時半確認)蛍光色のみどりを期待していたが選んだ場所と同じく白木の色。ジャコウ、サナギ化1=庭。


8/10午前3時35分までに羽化Α蝪隠隠乾潺蝓覆海譴泙任虜蚤隋法。柑25分А蕋隠隠哀潺蟇化開始=寸前からのジャコウ初の動画撮影。1匹目と2匹目の羽化の時刻がきのうとほぼ同じ。深夜・未明強雨。屋外(雨)の飼育箱で♀羽化┌隠隠殴潺蝓クロアゲハ、サナギ化へ。


8/09ジャコウ3匹目午前3時30分ごろ羽化♂103ミリ、4匹目4時23分羽化♀109ミリ。午前3時30分に目覚ましをかけ、5〜6分後起きて確認するとすでに3匹目は羽化。♀は1分余りかけてサナギから出るのを連写→動画。▼ジャコウアゲハ♀の羽化 

11時半までにジャコウ5匹目羽化♂ あすの羽化すくなくとも2。朗読BGM選曲編集。ルリタテハ産卵。ツクツクボウシ。地震M6.9 龍ケ崎震度4。大原麗子の死、酒井法子の逮捕。


8/08朗読用BGM選曲。すのこ修理、台所備品・洗濯機周囲掃除、机1解体。アオスジ幼虫袋かけ。トマト(大)根を虫にちぎられる。西洋?…トウガラシ10センチ。


8/07ジャコウ午前4時40分までに2匹羽化、1匹♀開張105ミリ、♂110ミリ。光に敏感のはずだからと用心したにもかかわらず羽化の瞬間に立ち会えず。光よりも時間か。


8/06ジャコウ午前4時40分までに1羽化、開張110ミリ、5時10分までに1、開張105ミリ(27日手製の首輪=写真左、異常なし)羽化、いずれも♂ サナギ化から11日目。12時半出立。きのうのうちにサナギ化したもの1=ウマノスズクサの葉裏で初(22) アオスジアゲハ幼虫2匹に袋かぶせる。阿見業者見積りのため家を見に。費用かかりすぎを配慮。トイレの場所など再考。


8/05きのう終齢幼虫となったクロアゲハ飼育箱へ。ジャコウ新規のタマゴ。ジャコウ夏の羽化第1号明朝か。ミニトマト収穫。ミョウガ、お茶もらう。夕までにジャコウのサナギ化1(21)。新川和江作品朗読録音。青山かつ子・岬多可子作品予定=女性詩人は朗読者の意向。


8/04ジャコウ朝までにサナギ化2沖魁M爾泙任烹鵜粥きのう板橋で撮ったトンボ、もしかするとマルタンヤンマ。斜め後ろからの姿、しりのあたりの青、しっぽの模様、色。生息地としての条件。よく飛ぶ時間帯(夕)からはややずれて15時50分ごろの撮影。ウマノスズクサ数株採取。


8/03ジャコウ午後2時までにサナギ化1亜⇒爾泙任烹鵜院8畫哀淵サキアゲハ成体2匹同時に見るのは初(庭)。午後龍ケ崎森林公園〜工業団地公園=板橋セミ時雨とウグイス。


8/02「陣場金次郎洋品店の夏」「九十九菓子店の夫婦」「冬の薄日の怒りうどん」と、甲田四郎さんの詩篇の紹介が増えるにつれ、ますますその作品の虜になってしまいました。/思うに、多くの詩人が、「過剰な被害者意識」に溺れ、「ひとりよがりの自虐」に沈み、「表現技術の未熟」に苦しむ中で、甲田さんは、常に「冷静な視点」を維持し、「悲喜こもごも」の感情に忠実に、「表現技術の粋」をこらしたきわめて完成度の高い詩篇を作られているとあらためて感服いたしました。>

 返信<…「過剰な被害者意識」以下、括弧でくくられたことばの積み重ねをながめますと、あなたの肉声がより小さくなり、ご高見からリアリティが損なわれていく、と愚考するしだいです。> ジャコウ夕方までにサナギ化3。自転車パンク修理。


8/01ジャコウ午前中サナギ化1 ゆずの木に新たな幼虫、タマゴ1。シロダモのアオスジアゲハの幼虫は育っていくかとおもうとなにかに食われているらしい。カマキリかクモか。アオスジ幼虫1、タマゴ数個。カーテン2。水道屋くる。


8


7


7/3125日撮影の昆虫<セイボウ>青蜂と判明=虫ナビ。小貝川、ウマノスズクサ繁茂するも成体、幼虫ともに姿なく、けさ早く出かけると草刈の後。ジャコウアゲハはここでは見られなくなるだろう。春確認できた個体1、2匹。夏ゼロ。


7/30ジャコウ朝までにサナギ化1 3時冷蔵庫。


7/29朝airランキング<小説・詩>1位、ほんのひとときらしい。ジャコウけさまでに4体サナギ化Α銑、午後1。同じ冷蔵庫がYデンキで1割強安、さらに5%ほど値引きしてもらって購入。あす2時以降到着。ことしチョウは少ないがセミは多い。


7/28ジャコウ午前5時までにサナギ化1ァG澹玉圓亮膰譟稟燹笋里△蠅茲ΑJ絃呂魏す<彼>ら。28日東京コラム。<ある意味教授>のコラムもあり。文章の中で<ある意味>を連発する大学教授。<逆の意味で>もつかう。北川透『反河のはじまり』


7/27ジャコウ早朝までにサナギ化1ぁきのうの1体8┿紊領悗鬚弔韻深弔砲くる(とんぼや、ジャコウアゲハ専科に記事)。10時すぎホームセンター、500万という。それでは修理するまでもなくちんまりした家が建つじゃないか。400万はきらないという。屋根屋がどかどかと屋根を歩いている。かわらが一枚割れていたという。割れていないものでもああいう歩き方をすれば割れるだろう。コケが雨漏りを防いでいる状態かもしれないという。応急処置をする。部屋では、勝手場風呂場をそのままの間取りで修理すれば安くあがる、と当たり前なことを業者が専門家ヅラしていっている。ひとのからだは診るが人間を見ない病院=自治体経営の医者を思い出した。屋根の修理については参考になった。夕、虹かかる。YouTube「ごちそうは熊ン蜂」再生1000回超。


7/26ジャコウ午前中までにサナギ化1 午後2↓、1体は上体のひもがかからず横たわる。高須橋スズクサ飼育箱用。祇園祭2時間ほど歩く。ものすごい人出。


7/25シロダモにたった一個のタマゴ、そしてふ化したアオスジアゲハ。ジャコウ、サナギ化始まる。楽天KC蠅ら届いたスゴイことば<楽天カードはお受け取りされましたか?> こんなたどたどしい日本語をつかう会社でだいじょぶかい? ギター一台処分。台所の整理始める。メタリックブルーのハエ。


7/24阿見社長と業者2名、風呂トイレ配置変更、窓のサイズなど。掃き出し、サッシの交換含む。屋根、壁面の改装。見積り2週間。夜遅く望月苑巳から電話、鰐組休刊、『文学ごっこ』について。学習机解体、よくぞこれほど重量のあるものが部屋に居据わっていたものだ。ウラギンシジミ。


7/23阿見業者あす2時屋根下見。佐貫ホームセンターから電話、屋根屋とともに月曜日午前中。モノが少なくなっただけで住みやすくなったようにみえる。高須スズクサ、サナギへの準備。


7/22金子みすゞ作品タイトル「私と小鳥と鈴と」…最後に「と」がついてる。(略)この「と」のあとには家庭"という語句が隠されている、と私は考える。(高遠信次)という考えは作品(詩)そのものから逸脱。佐藤泰志「海炭市叙景」映画化決定の広告2009.7.22東京。


7/21荒川洋治・講演「フィクションとしての詩について」現代詩手帖2003年1月号。佐藤泰志からの手紙はがき平成1〜2年、鰐組への広告の依頼、三島由紀夫賞落選に関する想い。


7/20阿見の業者、社長と大工、午後3時〜30分。台所、風呂場、トイレ、部屋改造。屋根張替え。


7/19家修理見積り依頼2店(阿見、佐貫)オーディオ棚修理。


7/18ナガサキ行方不明。金子みすゞ作品に関する著作権について、<作品を使用する場合は保存会の許諾を要する>という保存会の独善と二次的著作物・二次的著作権に関する法律適用の過り。


7/17川崎から引っ越してくるさい過って処分したかとあきらめていた本が出てくる。小さな家の中で、見つらなかったのが不思議な場所。十数年ぶり。背文字の色と印象を覚えていたが汚れと印刷の色褪せでほとんど読めない。本じたいはしっかりしている。二年前と同じ日付で、裁判員67条に関する<解答>のコラム(東京)。偶然だろうができすぎの感。HPに写真・動画・音楽につづき、またひとつ非文学的なカテゴリー、朗読を加えた。部屋整理一段落。


7/16部屋だいぶ片付く。森からゆずの葉(庭のゆずの木の枝を折るのがもったいないので、種類はちがうが)飼育箱のナガサキに。裁判員法67条の「謎」東京2007.7.17。<裁判官および裁判員の双方の意見を含む合議体の員数の過半数の意見>法律特有の見事なまでの悪文…と記事にある。


7/15オーディション用デモMD編集、送付。印刷用紙・封筒用棚の整理。日焼けする。


7/14朝、1分ほどの停電あり。ナガサキ55ミリ(歩けば60ミリ超)飼育箱に移す。千葉素人歌録。Kデンキ冷蔵庫6万。初めて見る2種、別所町でクロアゲハに似ているが羽に紋様があるもの、ヤンマよりやや小さめの、尾が黄の縞模様のトンボ数匹、めまぐるしく動くタイプではない。


7/13本の整理。オーディオ棚スタジオへ移動。ナガサキ動きやや活発に。


7/12TheVoicePoem編集。一部UP。本の整理。ナガサキ幼虫に森のゆずの葉。オーディボックスなど移動。


7/11ナガサキ脱皮直後は全体が黒ずんだみどり、一夜明けてサナギになるまでの明るいみどりと特異の紋様。40ミリ。シシトウ初収穫。キュウリ漬物に。TheVoicePoem編集、BGM入れ。gifスライド画像html処理に音声構文組む(5MB+5MB)。ジャコウふ化+3。夕、ヒグラシ初。宵、フクロウの声。


7/10ジャコウふ化始まる、幼虫1。TheVoicePoem編集。夕おそくナガサキアゲハ脱皮、みどりに。脱皮殻を食っている。


7/09朗読MD編集、写真選択。書棚1解体。本日までにHP40ページほど復活再編集。ナガサキ38ミリ。


7/08朗読MD編集。HPページ復活作業。


7/07就寝0時、起床4時。4時過ぎぐらいにはナガサキアゲハ羽化していたか、7時前には今にも飛び立ちそうな状態。開張138ミリ。ゆずの木の幼虫は26ミリ、居場所を移動している。部屋にナガサキ、窓の外にはジャコウアゲハ。HPページ復活作業。


7/06FFFTPをいじっていてHPのファイルを消す。ファイル名数字で始まるファイル名と、英字a〜eで始まる80ページあまり。大半が詩作品。07年、08年、09年ほぼ全滅。ナガサキアゲハのサナギ黒ずんでくる。あすあたり羽化か。朗読MD編集。


7/05産卵。小貝川土手では卵見つからず。


7/04ジャコウ夏期の産卵始まる。草むしり。


7/03YouTube「ごちそうは熊ン蜂」再生900回超。


7/02娘と孫娘二人は五人グループ「嵐」のファン。三人それぞれ意中の人が異なる。「おばあちゃんはだれが好き」おばあさんは答える。「余ってる二人のどちらでもいいよ」孫たちはほっと安心する。新聞投書欄。「名前の由来をきかれたら?」母親が答える。「スケバン刑事(デカ)が由来だとでもいっておきなさい」福田沙紀19歳の話。


7/01初収穫トマト1個。フィルム写真アルバム植物風景など6冊処分。ワニ・プロ発足記念のパーティ、朗読する吉増剛造、吉原幸子。


7


6


6/30午前2時20分、目を覚ましたついでにサナギのようすを見る。蛍光灯の明かりに反応することもあるのではないかと思いながらパソコンに向かったが、10分とたたないうちに羽化。当年組5匹目♂。サナギから出たばかりの丸まったカラダ。サナギから出たあとの羽の展開など越冬組のサナギよりスピーディ。30分後には羽の開閉。5時55分出立。開張104ミリ。5匹で<春の部>は終了。阿部岩夫死去(12日・75歳)庭のゆずにナガサキアゲハと思しき幼虫1匹、14ミリ。孵化後3〜4日か。丁海玉詩篇、メタ言語への接近。


6/29AM4:35ジャコウ羽化。カメラをセットしていたのに瞬間を見逃す。丸まった口吻にサナギの体内からたずさえた液体…小一時間で消える。直前に口吻の輪を広げたりしており。7:18出立。庭に何年かに一度のイトトンボ。ジャコウ成体。小貝川ウマノスズクサ成長。チョウの影はなし。あるいは、とキジバトにシャワー、前のヨシロウと同じくシャワーの中に入ってきてしばたく。気温30度ぐらいか。


6/28AM8:45ナガサキアゲハ成体2匹確認。ことしのジャコウ4匹目、明朝羽化の模様。


6/27ジャコウ午前5時30分までに3匹一挙に羽化。屋外の巣箱。黒ずみだしてから24時間ほどで羽化。午前7時15分〜17分までに3匹次々と飛び立つ。雌雄、開張確認せず。いずれも小型、オスのよう。ほかに生垣で羽化したかオス1匹、外見に異常なくも飛べず。写真:羽化まもないジャコウアゲハ。口吻の円の中に液状のもの。けさ撮影。


6/26ジャコウサナギ3体、黒ずんでくる。チドリソウ、ネムノキ。ネコハエトリの捕食(クモ)。ユーザー辞書ダメになる。<学習>も異常=初期状態? 扇風機使い始める。キアゲハ。ゴミグモ。「脳のホタル」鰐組100号橋・る部分。


6/25前回の例でいけばナガサキの羽化は7月2日ごろ。オーディオ・パネル貼り付け。collection1、2。画像拡大で曲が切れるのが難。


6/24給料の半分近くを写真絡みに費やしているんですが、いいのかコレで30歳独身w…ブログから引用してこちらへ持ってきてしまうと、どうということもない。このひとが創る写真をそばに置かないとセリフがまったく生かされない。ウマノスズクサ20株超となる。


6/23大量の本、新聞屋に持っていってもらう。スチール書棚をひとつ減らすつもり。

女の声がなんだかやけに怒鳴って「こんちはあ」といっている。向かいのアパートの部屋部屋に声をかけている。声がばかでかい。かわりにへんじはちっともきこえない。近所を声かけ歩いていよいよおれのところへ来たときにはもう気持が定まっていて、「なんだい」と負けずにどなった。銚子からマグロを売りにきたという。道をゴトゴト鳴らしていたのはカートにくくりつけた発泡スチロールの箱だ。これからものを買ってもらうというのなら積極性ばかりでなく信頼にたるような丁寧さがあればと思うのだが、がさつだ。マグロを売りにきたんだか、けんかを売りにきたんだかわかんねえやつだ。「まにあってるな」というとあっさり帰っていった。ほんとうに売る気があったのか。(「きみが売りたいのはマグロか、それともケンカか」とんぼや)押入れの掃除は大仕事。古い本は捨てられるのに新聞の切り抜きは捨てられない。


6/22焼酎甕雫。本など古新聞とともに古紙として。マカロニサラダ、きゅうり歯ごたえがある程度に切り、にんじん入り。庭のウマノスズクサ葉出始める、10数株。久しぶりにクロアゲハみる。新聞投書にあったようにチョウが少ない。カタツムリが目につく、変わった形のものも。家政学院校長吉田義昭「挨拶」net。音量調節の画像が出るという蝦夷之輔さんの構文を試みるもここでは出ず。音楽は一回でとまる(repeatなし)。ゲージ画像のみの音声再生。長女小1の顔をカッターナイフで切る母親。志位⇔米大統領府、麻生発言「すげえ話だよ」


6/21ナガサキ幼虫、位置(撮影しにくい場所)が決まってから35時間ほどで脱皮サナギ化。カラダはちぢむわ、枯れるような腐るような色になるわで心配したが、サナギになってみれば鮮やかな緑。35ミリぐらい。ジャコウ幼虫1行方不明。ジャコウ春のサナギ化5となる。まったく以ってあとの祭りだが、警官二人とのやりとりをICレコーダーで録れていたらなとおもう。ひったくり事件がはやっているから気をつけろと近づいて自転車ドロ扱いだ。「シムノンさんはご在宅かい?」元インラインスケート場の店舗の写真GANREF。ユーザー選択のBGM設置「六月の私的花図鑑」。Cより詩篇、過剰な行分け。


6/20画像に音をつける、音を出すサイトの画像(ゲージなど)を出さない…Yahoo知恵袋の回答は構文複雑ながら<音>の画像が出て答えにならない。蝦夷之輔式で数十字の構文にMP3のアドレスを組み込む。かれは構文を挿入する箇所も究めている。つぎは音を消すボタンの追求とか。バイク加速性能アップ。エンジンかかり良好。音不満。小貝川にウマノスズクサ復活し始める。ナガサキ、サナギ化始まる。55ミリが25ミリぐらいに。痙攣を伴う。尻尾から枯れていく感じ。CD→MD編集3分7秒→ICレコーダーでMP3化=5MB以下→PC。龍一高オケの練習風景、録音。


6/19「そんな……そんな正しいだけの答えなんて、ききたないんや!」キンチョール広告。蝦夷之輔さんの教えで<ページを開くと音声>OK。<画像クリック→画像拡大、同時に音声>へ応用。鰐組でのネックは音声5MB以下。Yahooブログ10MB。ブログから呼び出す? ナガサキ55ミリ。食い続ける。GANREFにウマノスズクサを心配するひとあり。

午後、写真を撮りに行く途中ミニパト警官二人。「泥棒あつかいしているわけではありません」こういうことを世間では泥棒あつかいというんだよ、とはいわない。「泥棒あついだよ」とだけ。「(自転車の)スタンドを立ててもらっていいですか」拒否。自転車の車台番号をケータイでどこかへ報告。「問題ありませんでした」「問題あったら警察が問題だよ」お前らひとを見る目がねえな、そんなんじゃおれが犯罪者だとしても捕まえられねえよ、とはいわない。そのあと数時間、思い出しては気分最悪。こんな気分では文章など書けねえなとおもったが写真だって撮れない。スタンドを立てさせるのは、逃亡を防ぐための薄っぺらな手段だろう。バイク修理終わる。キャブレターのゴム部品消耗。もっと前からおかしくなっていたはず、といわれる。エンジン音が変化、馬力のかかった、オフロードふうのややがさつな音。


6/18YouTube「ご馳走は熊ン蜂」再生回数800超。花の名イエローヤローとわかる。


6/17ジャコウ1サナギ化。ナガサキアゲハに異種のゆずの葉、OK。きゅうり2本初収穫=みそきゅう、ポテトサラダ(きゅうり多めのみどりのサラダ)。羽原・別所カエル、ウグイス、オオヨシキリほかの音録り。名不明の花、城下おばの家近く。鰐組カンパあり。たとえば鰐組58号1989-1の執筆者24名のうち佐藤泰志、筧槇二、梅田智江、鳴海英吉、下村康臣…鬼籍入り。20年もたてば、ということだ。きのう起動しなかったワープロがきょうは起動。2年半ぐらい前までの使用の記録あり。Canon6100。


6/16甲田四郎詩集宅配便。大家に原稿依頼、承諾得る。昔(80年代末)Wanigumi Journal ワニじゃ!を出していたのを思い出した(読者からの感想文など)。


6/15ジャコウ1サナギ化。ナガサキアゲハ幼虫も動き始める。バイク修理、キャブレター詰まりの疑い。SPACE86着、編集雑記(長い)おもしろい。百痢慳重據戞峅峅弌弸董后2討佑100円無人販売所。ピーマン、ナス…プロの畑の様子、丈短く。くもがたの持ち物から植物関係の本3冊。FotPus撤退の準備。GANREF古い写真(1月撮影)で点数稼ぎ。


6/14百科事典10巻まとめ。数時間掃除。向かいの老主人、病気らしく姿見えなくなって1ヵ月半あまり、きょう連れ合いが引越し。こちらも身辺整理していればあの世への引越しの準備の趣。ダイケよりメール。


6/13HPトップページからアイコンjpg、アニメのアイコンgif削除、使用バイト3分の2になる。予想以上のスリム化。毛布、カーテンまとめひとくくり。カラーボックス1解体。ナス2ヶ。ナガサキアゲハ幼虫順調。ジャコウのサナギ化計3。1980年代の犯罪関係書籍『静波の家』ほか。TからFax=コンピュータウイルスについての手に余る誤解。


6/12きょうもカラダに穴があく。サナギになるためにカラダを枝などに固定したところを狙われるのではたまったものではない。そうしてジャコウの幼虫はサナギへの脱皮直前、何者かによって(アリか)カラダをくりぬかれた。

09:45       13:09

ふくろうの写真がない、とちょっとじたばたしたけれど、あれはもともとデジタルlではない。フィルムだ。いつだっておれの頭のうしろ、戸棚のてっぺん、木箱に詰め込まれたフィルムの中にある。


6/11外付けハードディスクの故障でいろんな写真・文章を失ったが、ふくろうの写真もそうらしい。ベネッセに投稿しているのが、サイズが小さいまま残っている(写真ブログのほうを調べていない)。ベネッセの投稿のうちでもっともgood票の多い<体験記事・写真>ということになっているのをきょう初めて知った。2007年5月投稿。写真に興味のある方はこちら 午前、サナギになったばかりのジャコウにアリがたかっている。狙い撃ちか、首(のうしろ)に穴があき、蜂蜜状のものが。食草不足の中やっとサナギになったのに…とおもうと少し落胆。少しの落胆で気分が悪くなる(空腹のせい?)以後のサナギに注、飼育箱、ペットボトルの利用。久しぶりにジャコウ成体のすがた。ブログにカッコウの声乗せてみる。絵をクリックすると声だけがきこえてくる、ということにならない(オーディオサイトの絵が出る)処理法をたずねるも要領得ず=Yahoo知恵袋。鰐組発送。『兆』林嗣夫「傘」「方法」


6/10ナス1個、初の収穫! みそ汁一杯ぶんの具。テッポウユリ開花。カッコウの声。今月もまたZKCに応募できず(ダルオモ)。スズクサの根5〜6株植える。


6/09ヤゴをすくいに。ブルーギル幼魚らしき1匹のみ。羽化のトンボ20体ばかり見たがすべてコシアキ。羽化の場所は、そこに生えているものならどこででも、ということか、シダ類、どくだみの葉にも。トンボの尻尾から体液、羽化直後のチョウと似る。池、ふちから深い。フナなどの死骸、アオコ発生。


6/08KN19ミリ。サイトGANREFデジタルカメラマガジンに写真投稿、すぐの反応がありがたい。


6/07エサキモンキツノカメムシ(漢字で書くと、江崎紋黄角亀虫だそうだ)初の撮影。飼っておきたいような虫。これから再び目にすることができるかどうかあてにならないけれど。羽を広げるとLost love? 新規の幼虫KNはナガサキアゲハ。別所町と牛久自然観察公園のキキョウソウ。アカタテハ=別所、これも初の撮影。

 

 ▲エサキモンキツノカメムシ           ▲アカタテハ


6/06「K5271」大阪文学学校へ石黒百合子作品「投擲」転載の打診、快諾得る。ジャコウ幼虫が動き始めた、サナギ化へ。高須橋スズクサなさけないほどひょろひょろしたのを6本。<超録>でテープ・コピー、分割などの編集。テープデッキ→PC、ノイズ低減。


6/05朗読テープ到着、音量不足、音質不良。クロアゲハ、サナギへ旅立ちか行方不明。外で羽化し家に入ってきたジャコウのサナギらしい、ゆか近くにあり。去年のジャコウのサナギ残り5、羽化の気配なし。本の整理進まず。うら木戸、要修理。


6/04午前4時25分、流大丘東端でカッコーの声。書棚の整理、まずはワニ・プロの仕事の痕跡を消す、体調と相談しながら。スズクサ、数十メートルのところの駐車場のすみ、むしられて捨てられた草の間から一本ひょろひょろと。細い宿根。去年ここでジャコウの卵を見つけ、成体も見た。地主はせっせとスズクサを抜いて捨て…。宿根がひそんでいるのではないか、期待薄としても芽が出てきたらことわって採集させてもらおう。だがなぜここにウマノスズクサなのだ。朗読のプロのはなしあり。足利事件。同時期、同様鑑定の飯塚事件=死刑執行2008


6/03トンボの羽化が連日…とおもったけれど、そんなことはないのだ。けさは曇って写真撮影にはいまいちだが、あるいはひょっとしてと出かけていった。池のふちの葦にはヤゴの影さえない。きのうの朝はいわば羽化のラッシュだったようだ。池の端をめぐっていくとヤゴにとりつていたのがふらふらと飛び立ったのが二匹。バッテリーは一個しかないから充電するあいだは機能停止なのだが、充電を中途半端に切り上げて出かけてその甲斐もなく帰ってきた。いっそこのままいちにち曇天でのんびり充電させてくれ、とか。ペンタックスK−7=6月下旬。<大波小波>小谷野敦『「こころ」は本当に名作か』新潮新書について。「lifeline いのちづな」


6/02KN朝7.5ミリ。きのう茎だけになったウマノスズクサにすがっていたものが、けさはハマギクの葉の裏にひそんでいる。羽化の最中にトンボがヤゴごと池に落ちるなどと(午前6時26分)。ウグイスの声は聴いても、ふしぎなくらい姿はめったに見かけない。きのうはそれが、電線の上でさえずっているのを見た、板橋沼のそばで。くずのツルがてっぺんまでからんでいる電柱のすぐ横だ。「おいおい電線かよ」何度もさえずるのをおれはばかづらさらして(もっともバス釣りをしている男が二人いるだけで、おれの顔など気にするものなどいない)見上げていたのだとおもう。そんな珍しいことをうっかり忘れるところだった。

利根川利根町大橋周辺、利根町布佐あたりスズクサなし。もしここいらにあったとしても摘みとりに通うのは容易でない。

茲海猟掌紂池に落下。蘆咾らすくいあげてオオバコの葉に…ここで尻尾がヤゴから抜け出る。このあと運がよければ展開するはずの羽が見える…すでに最悪の不運に見舞われているのだが。


6/01とんぼや「ジャコウアゲハが生きる道」とけさも身ぶりの大きなタイトルで。クロアゲハ幼虫35ミリ。南の旧小貝川(公園付近)北の小野川と土手とウマノスズクサを探すが見つからず。羽原ゆずの木から卵3個幼虫1匹7ミリ、クロもしくはナガサキ(KN)。105ミリ望遠マクロ検索。2〜3日エンジン不調、給油前から不調だったがオイルコックを<ON>から<RES>リザーブに切り替えると復調。スーパーの花木売り場のひとにウマノスズクサについて尋ねたが名前さえ知らなかった。どんな花ですかと訊かれて、こちらもそれを知らない。


6



 

WanigumiTop